ビットウォレット・スティックペイについて =海外ハイレバFXに必須=

ハイレバゴリラのFXコラム

ハイレバゴリラだ。元気にしておるか。

本日は、海外ハイレバFXになくてはならない存在と言えるビットウォレットスティックペイを紹介する。

詳細については、それぞれの公式サイトに譲るためここでは簡単にまとめておく。

海外ハイレバFXを快適に利用したいのであれば、ビットウォレットスティックペイを出来れば両方とも口座開設しておくべきである。

スポンサーリンク

ビットウォレットとは

ビットウォレット(bitwallet)は、ユーザー間やサービス間で、複数の通貨に対応したやり取りができる、世界基準を備えたオンラインウォレットである。

世界三大通貨である米ドル(USD)・日本円(JPN)・ユーロ(EUR)を安全に預かってくれるオンラインウォレットであり、このビットウォレットがあると海外ハイレバFXブローカーへの入出金がとても便利になるのである。

諸君らの利用している国内銀行への出金手数料が最大824円で済むのであるから利用するしかないであろうな。

ビットウォレットの公式サイトのURLを掲載しておくので参照してくれたまえ。

bitwallet™ は世界200カ国で使えるオンラインウォレット
bitwallet(ビットウォレット)は、4種類の法定通貨(米ドル・日本円・欧州ユーロ・豪ドル)に対応し、世界最高水準のセキュリティを備えたオンラインウォレットです。6種類のクレジット/デビットカードを利用した入金、銀行からの送金(日本、その他海外)、オンラインウォレット(NETELLER、Skrill)による入金に対...

新規口座開設は、ここをクリックだ。

スポンサーリンク

スティックペイとは

海外への送金には通常であれば海外銀行送金を利用するため、手数料が高くまた時間もかかるといったデメリットがあった。しかし、スティックペイ(STICPAY)を利用すれば、海外銀行を介さずに資金を移動させることが可能となり、手数料を抑えスピーディーに資金を移動させることが出来るのである。

2017年のサービス開始以降は主に海外FX口座への入出金のために普及しており、日本でも多くのトレーダーがスティックペイを利用しておるのだ。

このスティックペイの最大の特徴は、スティックペイカードを発行することができ、このカードを使えば日本全国のATMから出金できてしまうのだ。

これが何を意味するのかはわかるであろう。

以前流行ったネッテラーもATMで出金できたため、脱税の温床になるとかの理由で日本国内では一切利用できなくなったのだが、そのネッテラーに代わる存在として密かに注目されておる。

2018年8月からは、スティックペイ口座でビットコインまで利用できるようになりその利便性がさらに向上した。

まあ、海外FXを利用するには、何かと便利な存在なのがこのスティックペイというわけである。

興味があれば下記のスティックペイ公式サイトのURLから口座を開設してくれたまえ。

STICPAY E-Wallet: Money Transfer & Online Payments
STICPAYは海外への送金やオンライン決済にご利用いただける安全で迅速なE-Walletです。今すぐ無料でアカウントを開設しましょう。

なお、スティックペイカードの発行にはパスポートが必須となっていることを付け加えておく。

スポンサーリンク

ハイレバゴリラからの言葉

最後に、ハイレバゴリラからの言葉で締めくくることにする。

心してよ~く聞きたまえ。

納税は国民の義務である。

GOOD LUCK!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました